Mac で Xcode をアンインストールする方法 (ステップバイステップ ガイド)

始める前に

Web の世界を探る際には、適切な保護ツールキットを装備することが不可欠です。SpyHunter は、コンピューターの安全性を強化するように設計されています。

今すぐオンライン保護を強化する方法をご紹介します。 Mac用SpyHunterをここからダウンロードしてください! デジタル脅威からデバイスを保護し、安全なブラウジング環境の快適さと安全性をお楽しみください。

Download SpyHunter

Xcode は、Apple が提供する統合開発環境 (IDE) です。開発者が macOS、iOS、watchOS、tvOS 用のソフトウェアを作成するために不可欠です。

ただし、Mac から Xcode をアンインストールする必要がある場合もあります。

大量のディスク領域を解放するため、ソフトウェアの競合を解決するため、または単に使用しなくなったためなど、Xcode をアンインストールする正しい方法を知ることは非常に重要です。

このガイドでは、Mac からアプリと関連ファイルを完全かつ効率的に削除するためのプロセスを順を追って説明します。

MacからXcodeを削除する理由

いくつかの理由から、Mac から Xcode をアンインストールすることを決めるかもしれません。これらの理由を理解することで、Xcode アプリを削除することが適切な手順であるかどうかを判断するのに役立ちます。

  1. ディスク ストレージの解放: Xcode とその関連ファイルは、数ギガバイトのディスク領域を消費する可能性があります。アンインストールすると、他の重要なファイルやアプリケーションのために貴重なストレージを再利用できるようになります。
  2. ソフトウェアの競合の解決:アプリが他のインストール済みプログラムと競合し、クラッシュやパフォーマンスの問題が発生する場合があります。アプリを削除すると、システムの安定性が回復し、全体的なパフォーマンスが向上する場合があります。
  3. システム リソースの使用量の削減:アプリは CPU やメモリなどのシステム リソースを大量に消費する可能性があります。アプリを削除するとこれらのリソースが解放され、特にハードウェア機能が限られている場合に Mac の動作がより効率的になります。
  4. 不要になったアプリ:開発プロジェクトを完了したり、別の開発ツールに切り替えたりした場合は、アプリが不要になることがあります。削除すると、アプリケーションを合理化し、Mac 上の混乱を減らすことができます。
  5. 問題のトラブルシューティング:更新の失敗やエラーなど、Xcode で継続的な問題が発生する場合は、IDE を削除して再インストールすると、これらの問題が解決することがあります。最初からやり直すことで、破損したファイルが残らないようにすることができます。
MacからXcodeをアンインストールする

Xcode をアンインストールする一般的な理由を検討してください。その後、Mac から IDE を削除してアンインストール プロセスを続行するかどうかを決定できます。

MacからXcodeを手動でアンインストールする方法

Mac から Xcode を手動でアンインストールするには、すべてのサポート ファイルとコンポーネントが削除されるように、いくつかの手順を実行する必要があります。

Xcode を完全にアンインストールするには、次の手順に従ってください。

ステップ1: Xcodeアプリケーションを終了する

アンインストール プロセスを開始する前に、Xcode が実行されていないことを確認してください。

メニュー バー オプション:画面上部のXcodeメニューをクリックし、ドロップダウンからQuit Xcodeを選択します。

飛行機Xcodeを調べる

Dock オプション:あるいは、Xcode が Dock にある場合は、Xcode アイコンを右クリック (または Control キーを押しながらクリック) し、コンテキスト メニューからQuitを選択します。

ドックからXcodeを取得する

アクティビティ モニタによる強制終了:アプリが応答しない場合は、Activity Monitorを開いて Xcode 関連のプロセスを検索します。それらを選択して[X]ボタンをクリックしてアプリケーションを強制終了します。

アクティビティモニターを使用してXcodeを強制終了する

ステップ2: Xcodeアプリを削除する

Mac からメインの Xcode アプリケーションを削除するには:

  1. 新しいFinderウィンドウを開きます。
  2. サイドバーからApplicationsフォルダに移動します。
  3. リストをスクロールして Xcode アプリを見つけます。
  4. Xcode を Dock のゴミ箱にドラッグします。または、Xcode を右クリック (または Control キーを押しながらクリック) して、ドロップダウン メニューからMove to Trash ] を選択します。
  5. アプリケーションが完全に削除されるようにするには、ゴミ箱を右クリックしてEmpty Trashを選択します。
アプリケーションからXcodeを削除する

ステップ3: MacからXcodeファイルとフォルダを消去する

Xcode アプリを削除した後、次の重要なステップは、残っているファイルや残り物をすべて削除して、完全なクリーンアップを確実に行うことです。

次の手順を実行します:

  1. Mac でFinderを起動します。
  2. 画面上部のFinderメニューで、Goメニューをクリックし、Go to Folder…をクリックするか、Shift + Command (⌘) + Gキーボード ショートカットを使用します。
  3. 検索ボックスに次のパスを 1 つずつ入力して、Xcode の関連ファイルを検索して削除します。各パスで、Xcode に関連するファイルまたはフォルダーを探し、ゴミ箱に移動します。
    • ~/Library/Developer/
    • ~/Library/Application Support/
    • ~/Library/Logs/
    • /Library/Caches/
    • /Library/Developer/
    • ~/Library/Preferences/com.apple.dt.Xcode.plist
  4. 関連するすべてのファイルとフォルダをゴミ箱に移動した後、ゴミ箱を空にして完全に削除します。
Xcode 開発者フォルダを削除する

Xcode を手動で削除するには、アプリケーション自体を削除するだけではありません。

これらの手順に従うことで、すべてのサポート ファイルが完全に削除され、Mac がクリーンな状態になり、乱雑さがなくなります。

SpyHunterを使用してXcodeを完全にアンインストールする

Xcode とその関連ファイルがすべて Mac から完全に削除されることを確実にする徹底的かつ簡単な方法をご希望の場合は、SpyHunter が効率的なソリューションを提供します。

SpyHunter を使用して完全に削除するには、次の手順に従ってください。

  1. SpyHunterの無料ダウンロードはこちらからし、インストール手順に従ってください。
  2. Applicationsフォルダーから SpyHunter を開きます。システムをスキャンしてインストールされているすべてのアプリケーションを表示するように設計されたApp Uninstaller機能に移動します。
  3. SpyHunter は、システム全体に散在する Xcode とその関連ファイルおよびコンポーネントを自動的に検出します。
  4. スキャンが完了したら、アプリケーションの一覧で Xcode を見つけます。SpyHunter は Xcode に関連付けられているすべてのファイルを一覧表示します。ファイルの完全なセットを削除するには、すべてのチェックボックスが選択されていることを確認します。
スパイハンターを使用してXcodeを使用する
  1. すべての Xcode コンポーネントを選択した状態で、Remove Selectedボタンをクリックします。SpyHunter が削除プロセスを処理し、システムからすべてのファイルを削除します。
スパイハンターはXcodeで犯罪を阻止できる
  1. アンインストール プロセスが完了したら、コンピューターを再起動して削除を完了します。再起動すると、すべての一時ファイルが消去され、システム設定が更新されます。

SpyHunter を使用して Xcode をアンインストールすると、プロセスが簡素化され、残留ファイルが残らないことが保証されます。

この包括的なクリーンアップは、Mac のパフォーマンスを維持し、潜在的なソフトウェアの競合を防ぐのに役立ちます。

ターミナルコマンドを使用してMacからXcodeをアンインストールする

より技術的なアプローチとして、ターミナル コマンドを使用して Mac から Xcode をアンインストールすることもできます。

この方法により、削除プロセスを正確に制御し、関連するすべてのファイルが完全に削除されることが保証されます。次の手順に従います。

  1. ターミナルを開く: Mac でTerminalアプリケーションを開きます。
  2. 追加の開発者ツールを削除する:関連するすべての開発者ツールが削除されていることを確認するには、次のコマンドをTerminalウィンドウに貼り付けます。
sudo /Developer/Library/uninstall-devtools --mode=all
  1. Xcode シミュレータの削除:次のコマンドを使用してすべてのシミュレータを削除します。
xcrun simctl delete all
  1. Xcode アプリケーションを削除する: Xcode アプリケーションを削除するには、次のコマンドを使用します。
sudo rm -rf /Applications/Xcode.app
  1. Xcode の残りのファイルを削除する:残っている Xcode ファイルを削除するには、次のコマンドを実行します。
sudo rm -rf ~/Library/Developer/CommandLineTools/
sudo rm -rf ~/Library/Developer/Xcode/
sudo rm -rf ~/Library/Application Support/Xcode
sudo rm -rf ~/Library/Caches/com.apple.dt.Xcode
sudo rm -rf ~/Library/Preferences/com.apple.dt.Xcode.plist
sudo rm -rf /Library/Preferences/com.apple.dt.Xcode.plist

ターミナル コマンドを使用すると、Xcode を正確かつ効率的にアンインストールできるため、システムに残留ファイルが残らないことが保証されます。

MacにXcodeを再インストールする方法

Mac に Xcode を再インストールする必要がある場合は、次の手順に従って正しくセットアップしてください。

  1. Xcodeをダウンロード:
    • Mac で App Store を開きます。
    • 検索バーにXcodeと入力し、キーボードのEnterキーを押します。
    • 検索結果で Xcode を見つけて、Getボタンをクリックして最新バージョンをダウンロードします。
  2. Xcodeをインストールします:
    • ダウンロードが完了すると、Xcode はインストール プロセスを開始します。指示に従ってインストールを完了してください。
    • インストールを承認するには、Apple ID や管理者パスワードを入力する必要がある場合があります。
  3. Xcodeを起動します:
    • インストールが完了したら、Xcode を開きます。
    • 初回起動時に、Xcode から追加のコンポーネントをインストールするように求められる場合があります。プロンプトに従ってセットアップを完了してください。
  4. 開発環境をセットアップする:
    • Xcode を起動したら、開発環境の設定を開始できます。必要なツールや拡張機能をインストールして、特定のプロジェクトのニーズに合わせて Xcode をカスタマイズします。

Xcode の再インストールは簡単で、開発作業を続行するために必要なすべてのコンポーネントを含む最新バージョンが確保されます。

まとめ

デバイスから Xcode を削除すると、数ギガバイトのディスク ストレージが解放され、ソフトウェアの競合が解決され、システム パフォーマンスが最適化されます。

Xcode を手動で削除する場合でも、ターミナル コマンドを使用する場合でも、SpyHunter を使用して徹底的にクリーンアップする場合でも、アプリをアンインストールする方法を理解することは、Mac の健全性を維持するために重要です。

Xcode を再インストールする必要がある場合、プロセスは簡単で、App Store から実行できます。これにより、開発プロジェクトに最新バージョンを準備できるようになります。

アプリケーションの管理に関する詳細なガイドについては、Mac アプリをアンインストールする方法に関する記事をご覧ください。

これらの手順に従うと、Mac 上のアプリを効果的に管理およびアンインストールして、スムーズで効率的なシステム パフォーマンスを確保できます。

この投稿をお気に入りのソーシャル メディアで共有してください